記事詳細

メダリスト・清水宏保氏が語る「金」の魅力 『新春 大黄金展』15日から新宿高島屋で開催

 新宿高島屋では、15日から11階催会場で『新春 大黄金展』を開催中。同日オープニング内覧会では、元スピードスケート選手で金メダリストの清水宏保氏(45)が特別ゲストで登場。金(GOLD)にまつわる話を披露した。

 令和2年の幕開けにふさわしく、本イベントでは、高さ175センチ、2200万円の「黄金のブラック・ジャック」をはじめ、昭和・平成と愛されてきたヒーローや歌手、名車、乗り物を題材にした金製品のほか、大化から令和までの全248の元号をしるした純金製小判を展示販売している。会場をまわった清水氏も「ひとつひとつの作品が細かい、繊細なつくりになっている。ぜひ見ていただきたい」と話した。

 19日まで開催。各日午前10時~午後8時まで。17、18日は午後8時30分閉場。最終日は午後6時閉場。