記事詳細

防犯カメラ超えた! クラウド録画型映像プラットフォームサービス「safie」

 セキュリティーカメラとインターネットをつなぐことで、安価にいつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画型映像プラットフォームサービスが「safie(セーフィー)」だ。サービス名と同じIoTベンチャー、セーフィー(東京都品川区)が開発・運営。2017年にクラウド録画カメラ国内シェアナンバーワンを獲得した。

 佐渡島隆平社長は元ソニーグループ社員で、「自分がほしいと思うものを徹底的に追求し、誰もが使えるプロダクトとして、市場に出しながら改善していこう」と起業時を振り返る。

 従来の防犯・監視カメラを超えて、クラウドを活用することで、カメラ以外の専用機器が不要となる。建設現場や飲食・小売りチェーン店など、国内のさまざまな現場で活用が広がっている。

 顔認証技術を利用して顧客の接遇改善やマーケティング、業務改善を実現する「Safie Visitors」もスタートさせた。問い合わせはメール(pr@safie.jp)で。