記事詳細

「ジャパン フィッシャーマンズ フェス2019~全国魚市場&魚河岸まつり~」開催 14~17日・日比谷公園、約90ブースが出店! 「こぼれいくら丼」が大人気!!

 日本各地の魚介料理を堪能できる食のイベント、第5回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2019 ~全国魚市場&魚河岸まつり~」(ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル実行委員会主催)が、14日から17日まで、東京都千代田区の日比谷公園で開催される。今年は約90ブースが出店する。

 今回出店する、鮭いくら海越の「こぼれいくら丼」(ミニ1800円・レギュラー2600円)は、丼鉢から受け皿へ宝石のような朱色の粒が流れ落ちる様子が食欲をそそる。今回使用するのはマスのイクラで、ミニサイズでも100グラム、レギュラーは150グラムのマスの筋子のイクラ漬けを提供する。また、福島の復興を応援する「ふくしま『常磐もの』を食べようエリア」も設ける。

 開催時間は14、15日が午前11時~午後9時、16日が午前10時~午後9時、17日が午前10時~午後6時。入場無料、飲食代金は別途。

 詳細は公式ホームページ(https://37sakana.jp/jffes/)で。