本当は怖い“春インフル”の実態…球界、グラドル、キャスターまで感染も「4月患者発生数は10年変わらず」 (1/2ページ)

2017.04.21

日ハムの大谷や稲村亜美(写真)も春インフルにやられた
日ハムの大谷や稲村亜美(写真)も春インフルにやられた【拡大】

 日本ハム・大谷翔平投手(22)、阪神・藤浪晋太郎投手(23)、グラドルからキャスターまで…。4月に入ってもインフルエンザに倒れる著名人が相次いでいる。空気が乾燥する冬場に流行するというのが世間一般のイメージだが、専門家は「4月でも油断は禁物」と指摘する。実は怖い「春インフル」の実態とは−。

 野球つながりでは、8日の阪神対巨人戦の始球式で「神ピッチング」を披露したグラビアアイドル、稲村亜美(21)も翌日にインフルA型と診断され、仕事をキャンセルした。

 日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(45)も17日から、キャスターを務める夕方のニュース番組「news every.」を休んでいる。

 さらに埼玉県の県立高校では全校生徒966人のうち101人がインフルエンザに感染し、学校閉鎖となった。

 今年の4月はインフルが異常に流行しているのかと思いきや、近畿大学医学部の吉田耕一郎教授は「4月の患者発生数はこの10年変わっていない。インフルエンザは収束傾向にあるが、春になったらウイルスがなくなるものではない」と指摘する。厚生労働省の推計でも4月3〜9日の1週間で全国の患者数は約29万人いる。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。