パッパラー木崎のリベンジなるか!?因縁の相手、オクトパス須田といよいよ激突!

2017.04.21

「豆腐プロレス」第14話 オクトパス須田/(C)WIP2017製作委員会 (C)AKS
「豆腐プロレス」第14話 オクトパス須田/(C)WIP2017製作委員会 (C)AKS【拡大】

  • <p>「豆腐プロレス」第14話 左から加藤玲奈、木崎ゆりあ、古畑奈和/(C)WIP2017製作委員会 (C)AKS</p>
  • <p>「豆腐プロレス」第14話 左から山田野絵、横山由依/(C)WIP2017製作委員会 (C)AKS</p>

 AKB48グループのメンバーがガチンコでプロレスに挑戦する話題のドラマ「豆腐プロレス(テレビ朝日系)」の第14話が22日深夜0時5分(一部地域を除く)から放送される。

 「WIP最強クイーン決定トーナメント OVER THE TOP」の1回戦第3試合は道頓堀白間(白間美瑠、19)が道頓堀フットスタンプからの片エビ固め(11分42秒)でキューティーレナッチ(加藤玲奈、19)を下し、2回戦へとコマを進めた。続く第4試合は工事現場同盟同士の対決。ユンボ島田(島田晴香、24)とクイウチ松村(松村香織、27)が激しいバトルを繰り広げたが、試合は島田がジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスホールド(28分59秒)を決め、松村を撃破した。試合後、島田は工事現場同盟の解散を撤回。今後も4人で活動していくことを宣言した。

<14話あらすじ>

 1回戦、パッパラー木崎(木崎ゆりあ、21)VSオクトパス須田(須田亜香里、25)の因縁の試合が始まった。木崎はデビュー戦となった錦糸町道場マッチで須田に負け、お約束の“チュー”を受けたことが悔しくてたまらず、地道に対策を研究し、トレーニングに励んできた。

 “神対応”で多くのファンを取り込む須田は入場するとすぐに会場を大きな声援で包み、木崎を圧倒する。一方の木崎は須田の“チューチューフェイス”を見た途端、前回の屈辱を思い出してしまいパニックに。試合は完全に須田のペースで進んでいく。

 ロングスピーチ横山(横山由依、24)VSボイス山田(山田野絵、17)の試合は、横山の長いスピーチからスタートして…。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。