タモリも激怒!森脇健児が芸能界を干された真相をぶちまける!

2017.04.14

森脇健児/(C)テレビ朝日
森脇健児/(C)テレビ朝日【拡大】

 4月から日曜夜に放送時間が移動する人気バラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の最初のオンエア(16日午後8時58分から)に芸人の森脇健児(50)が出演。「全然おもろないのに自分の事をめっちゃおもろいと勘違いしちゃった先生」として、“勘違いして人生を破滅させないための授業”を行う。

 1990年代、アイドル的な人気を誇った森脇。絶頂期はレギュラー番組12本、CM契約本数7本を抱え、さらにドラマでも主演級の役を演じるなど、超売れっ子としてテレビに出まくっていた。現在、その面影はまったくなく、彼をテレビで見かけることはめったにない。いったいなぜこんな悲惨な状況になってしまったのか?その理由を森脇は“究極の勘違い野郎”だったからと分析。当時、自分自身のことを「めっちゃ面白い」と本気で思っていたことを打ち明ける。

 森脇は今だからわかる“勘違い野郎の5大特徴”について詳しく解説。さらに調子に乗りすぎて、温厚で有名な芸能界の大先輩、笑福亭鶴瓶(65)、タモリ(71)、三宅裕司(65)を激怒させたエピソードを告白する。

 インターネット上で「芸能界を干されたキッカケ」と、まことしやかにささやかれている衝撃事件の真相を洗いざらいぶちまける。

 絶頂とどん底を経験した森脇だからこそたどり着いた人生の教訓とは?多くの苦難を経た今、森脇が授業で伝えたいこととは?

 初回は2時間スペシャルで、番組ではこのほか、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が「しくじり偉人伝『エイブラハム・リンカーン』」と題し、偉大なる第16代アメリカ合衆国大統領のしくじりを解説する。

 家庭ではずっと妻の尻に敷かれていたというリンカーン。鬼嫁メアリーの取った恐怖行動とは?そしてリンカーンとメアリーの夫婦関係から学ぶべきこととは?

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。