アラニス・モリセットらセレブ標的 SNSで留守把握…空き巣被害続々 (1/2ページ)

2017.03.18

空き巣の被害にあった人気ラッパーのミナージュ(AP)
空き巣の被害にあった人気ラッパーのミナージュ(AP)【拡大】

  • <p>空き巣の被害にあったモリセット(AP)</p>

 今年に入ってから、セレブやスポーツ選手など有名人宅に空き巣が入ったというニュースを度々、目にする。知名度が高くなかったり、“旬”でなかったりすると、日本のメディアではなかなか報じられないが、米国では意外と関心が高い。

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の元選手で、ロサンゼルス・レイカーズなどで活躍したデレック・フィッシャー(42)の自宅に空き巣が入ったのは今年1月末のことだった。NBAで優勝した際に贈られた「チャンピオンシップ・リング」5個や宝石など計30万ドル(約3450万円)相当が盗まれた。

 レイカーズの現役選手、ニック・ヤング(31)も2月中旬、留守宅が荒らされ、現金やアクセサリーなど50万ドル相当の被害にあった。

 人気ラッパーでシンガーソングライターのニッキー・ミナージュ(34)も20万ドル相当、カナダ出身の歌手で女優のアラニス・モリセット(42)にいたっては、2月初旬に200万ドル(約2億3000万円)相当の被害にあった。

 米大リーグ、ドジャースの外野手、プイグ(26)も3月に17万ドル相当…。

 よくまあ被害にあうな、と思っていた。いずれもロサンゼルスの高級住宅街に自宅がある。車を使えば、それほど離れてもいない。しかも、みな留守中だった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。