まゆゆ仰天!「きりたんぽ」は局部切断イメージ、批判相次ぎテレ朝がドラマタイトル変更

2017.03.08

AKB48の渡辺麻友
AKB48の渡辺麻友【拡大】

 テレビ朝日がAKB48の渡辺麻友を主演に4月から放送を予定していたドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が男性の局部切断をイメージしているとの批判が相次ぎ、テレビ朝日はタイトルの変更を決めた。

 秋田県観光戦略課あきたびじょん室によると、番組の概要は3月初旬にテレビ朝日のホームページで発表。企画・原作は秋元康氏で、昭和11年に東京都内で女が交際中の男性の下腹部を切り取った阿部定事件をモチーフに制作するとされていた。主演の渡辺も「私が平成の阿部定?! いままで演じたことのない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」とコメントしていた。

 「きりたんぽ」は男性の局部切断にかけているとされる。そのため秋田県のほか、きりたんぽを名産として売り出している大館市、鹿角市、北秋田市にも「下品で不快」といった苦情が多く寄せられたという。

 県あきたびじょん室は「郷土料理のイメージダウンにつながる」などとして7日、口頭でテレビ朝日に抗議を申し入れ同日、「タイトルを変更する」との回答があったという。成田光明室長は「番組でタイトルを使わないとともに、きりたんぽを一切、登場させないよう申し入れた。最終的な内容を確認したい」と話している。

 きりたんぽをめぐっては平成20年、秋田市の土産物企画販売会社がきりたんぽを模したマスコット「秋田名物きりちんぽ」の携帯ストラップなどを発売しようとしたところ、批判が相次ぎ中止になる出来事があった。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。