SKE48の全国ツアーが再開!千葉の舞台で珠理奈らが魅せた! (1/2ページ)

2017.02.21

松井珠理奈らがサプライズで登場(C)AKS
松井珠理奈らがサプライズで登場(C)AKS【拡大】

  • <p>(C)AKS</p>
  • <p>(C)AKS</p>
  • <p>凱旋を果たした山内鈴蘭</p><p>(C)AKS</p>
  • <p>左から松本慈子、小畑優奈、高寺沙菜で「Glory days」をパフォーマンス</p><p>(C)AKS</p>
  • <p>江籠裕奈が「枯葉のステーション」を披露</p><p>(C)AKS</p>
  • <p>「チーバくん」が登場</p><p>(C)AKS</p>
  • <p>(C)AKS</p>
  • <p>須田亜香里(左)らの選抜メンバーで舞台を盛り上げる</p><p>(C)AKS</p>
  • <p>(C)AKS</p>
  • <p>(C)AKS</p>
  • <p>(C)AKS</p>

 SKE48が18日、およそ10カ月ぶりとなる全国ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」を再開。千葉県文化会館のステージで熱いパフォーマンスを見せた。全国23番目の会場となった同会館にはツアーの再開を心待ちにしていたファンが集まり、メンバーに熱い声援を送った。

■18人で熱いパフォーマンスを披露

 コンサートは「握手の愛」でスタートした。イントロが流れるとステージと客席からメンバーが登場。今回のツアーのために作ったというタブロイド紙をファンに配布するというサプライズでイベントが開幕した。

 今回のツアーメンバーは18人。まず全員で「恋を語る詩人になれなくて」「チャイムはLOVE SONG」などのSKE48の人気楽曲をパフォーマンスすると、キャプテンの斉藤真木子(22)が「久々のツアーということで(SKE48のツアーを)待ち望んでここまで足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございます!今日は皆さんに会えて嬉しいと言う気持ちを前面に出して盛り上がっていきたいと思います」と挨拶した。地元千葉県出身の山内鈴蘭(22)は、念願の凱旋コンサートに瞳を潤ませた。

 ユニット曲のパートでは、2016年のSKE48ソロコンサートで“次世代エース候補”と称された小畑優奈(15)をセンターに据え、松本慈子(17)と高寺沙菜(17)と一緒に「Glory days」 をフレッシュにパフォーマンス。6期生の北野瑠華(17)、熊崎晴香(19)、竹内彩姫(17)の3人は「フィンランド・ミラクル」をキュートに披露。2期生の後藤理沙子(19)と石田安奈(20)が「眼差しサヨナラ」を妖艶に歌い上げた。さらに江籠裕奈(16)は松井玲奈(25、2015年卒業)のソロ曲「枯葉のステーション」を担当。キャプテン斉藤、木本花音(19)、松本の3人も迫力ある「クロス」を披露するなど、それぞれが本領を発揮するパフォーマンスでファンを魅了した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。