『直虎』で大河ドラマ初出演の菜々緒 男勝りな役柄に共感 (1/2ページ)

2017.02.01

 視聴率が好調に発進したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。徳川家康(阿部サダヲ・46才)の正室で、直虎の親友となる瀬名(築山殿)を演じるのは、大河ドラマ初出演となるモデルで女優の菜々緒(28才)。自らの役柄についてこう語る。

 「演じさせていただくにあたって、瀬名についていろいろと調べてみました。歴史上諸説ある人物なので、悪女なのかそうではないのかはっきりとはわからないのですが、野心家ではあるものの、母との約束を果たそうと強く生きる女性です。男勝りなところは私によく似ています(笑い)」(菜々緒・以下「」内同)

 瀬名は今川家の重臣の娘で、幼少から「今川家を手に入れる」という野心を持つ。今川家の跡取りである今川氏真と結婚するつもりでいたが、氏真は別の女性と結婚してしまう。その時の悔しさを込めた演技は「モニターで自分の表情を見たら“本当に呪い殺すのでは”という怖い顔をしていた」というから、そちらも注目だ。

 瀬名は直虎にとっては生涯唯一の女友達。時間をかけて友情を築き上げていく。直虎の人物像について触れる機会も多く、菜々緒自身、同じ女性として惹かれるところがあるようだ。

 「強い気持ちを持って人生をまっとうする姿がとても印象的です。お家のため、一族のために自分の気持ちを抑えて生きたり、人生を捧げることってなかなかできることじゃないですし、本当に昔の人たち、特に女性は強かったんだなと思います」

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。