記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】江口のりこ主演起用に驚き 気になる共演者とのバランス「SUPER RICH」 (1/2ページ)

 フジテレビの「木10」には数年前までは「秀作ドラマ」枠というイメージが強かった。坂元裕二脚本の『それでも、生きてゆく』『最高の離婚』『問題のあるレストラン』、岡田惠和脚本の『最後から二番目の恋』とその続編。どれも「木10」だった。

 坂元や岡田は近年、もっぱら「火9」を土俵にしている。でも「木10」のブランドイメージはそう簡単には消えない。クールが変わるたび、今度はどんなドラマを見せてくれるかと期待が膨らむ。

 今季の木10『SUPER RICH』は珍しくアルファベット大文字だけのタイトル。『HERO』『BOSS』以来か。ならば同じ4文字の「RICH」だけでよかったのでは? とも思う。脚本は溝井英一デービス。初めて聞く名前だが、完全オリジナルドラマというのがうれしい。きっと「SUPER」にも、こだわりがあるのだろう。

 主演俳優の名を聞いて驚いた。江口のりこ。ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演だという。裕福な家庭に生まれ、幼い頃に両親を亡くしたが、たっぷりの遺産があり、大学時代の友人男性と電子書籍販売企業を立ち上げて成功する。そのリッチな女性社長の会社に、金のない貧乏専門学生(赤楚衛二)が紛れ込む。さて…という話。

関連ニュース