記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】小栗旬とゴジラと渡辺謙と杏、絡まった深い関係 TBS「日本沈没」 (1/2ページ)

 7月に封切られたハリウッド映画『ゴジラvsコング』には小栗旬が出演していた。なのに新型コロナの第5波うんぬんで映画館に行きそびれてしまった。とはいえ、TBS日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』は小栗が主演している以上、このゴジラ映画のことに触れないわけにいかない。

 「モンスター・ヴァース」シリーズの4作目。1作目が『GODZILLA ゴジラ』(2014年)で渡辺謙が芹沢猪四郎という学者の役で出ていた。初代『ゴジラ』(1954年)の本多猪四郎監督と、同作で「オキシジェン・デストロイヤー」を使ってゴジラを倒した芹沢大助博士に由来する役名だった。

 『ゴジラvsコング』で小栗が演じた役は、その芹沢博士の「息子」。そして、『日本沈没-希望のひと-』で小栗と初共演しているのが渡辺謙の実の「娘」の杏。

 だからどうしたといわれればそれまでだが、こういうキャスティングはキライじゃない。いっそ「田所博士」も謙さんというわけにはいかなかったか。

 それはともかく、本作での小栗の役どころは高級官僚。次代を担う各省庁の精鋭が招集された「日本未来推進会議」に環境省代表として参加している。経産省の代表で会議の議長も務める松山ケンイチは、小栗とは大学の同期で気心の知れた間柄。杏は元政治部記者だが週刊誌に異動させられ、スクープを取ろうと小栗に食いつく。

関連ニュース