記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】五輪期間中でも視聴率10%超えの底力に拍手 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」 (1/2ページ)

 TBS日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は今季一番の高視聴率ドラマだが、だからこそか、各回の世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に『東京五輪』の影響がくっきり。

 開会式は7月23日夜、閉会式は8月8日夜に行われ、NHKが生中継。一方、『TOKYO MER』は7月4日に始まり、同18日までは毎回14%台だったのが、五輪開幕後の同25日は10・1%に急落。8月1日も10・8%。さらに閉会式の真裏の同8日は8・4%までダウン。しかし、五輪後の同15日は自己最高となる15・0%まで跳ね上がった。

 筆者も第3話までは毎回リアルタイムで見て、オペシーンの32ビート(?)のリズムに手に汗握っていたが、その先は五輪後に録画をまとめて見たクチだ。それだけに五輪期間中でも10%を超えているのは本作の底力というしかない。五輪に勝るとも劣らない面白さのドラマを届けるべく奮闘する制作チームには、本作が描く救急医療チームと同じだけの拍手を送りたい。

関連ニュース