記事詳細

代償大きかった…近藤真彦、五十路の“モテたい病” 合コンでは腹を出して、肉体をアピール (1/2ページ)

 25歳年下の女性経営者との不倫報道で無期限の芸能活動自粛となったジャニーズ事務所の近藤真彦(56)。歌手デビュー40周年という節目の年に何もかもをふいにしてしまったが、50歳を過ぎても女性にモテたいというやんちゃぶりが招いた残念な結果だ。

 芸能活動の無期限自粛に加え、自ら率いるレーシングチーム「KONDO RACING」でも年内のレースには不参加と“自粛”することになった。さらには離婚の話すら浮上したといい、八方ふさがりの状況だ。

 「新体制になってからのジャニーズ事務所は、所属タレントの不祥事に対し、厳しく対応するようになっています。これまでなら不問に付すか、内々で処分するといったこともありましたが、コンプライアンスが厳しい今は、それは難しい。長年、事務所に守られてきたマッチも例外ではなかったということ。今後は過去の話があれこれと出てくるかもしれません」と女性誌編集者。

 そして、「来年になれば、活動を再開することになるでしょうが、一度落ちたイメージはなかなか回復できません。ここに来てジャニーズファンからも、近藤に対して反発の声が上がりはじめています」と続ける。

関連ニュース