記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】西川きよしが漫才師での「文化功労者」ならアノ人は陰の功労者

 漫才師の西川きよし(74)が、文化功労者に選ばれた。

 「文部科学省が『漫才師』と発表したため、そのように表記されましたが、“元”漫才師でしょう。そもそも漫才は2人以上でないと成立しない芸能ですからね」とスポーツ紙芸能担当記者は指摘する。お笑いタレントと報じる新聞もあり、そのほうがしっくりくる。

 「きよしさんは会見で『漫才に誘ってくれた(相方の横山)やすしさんのおかげ』と感謝していました。ただ文化功労者に選ばれたのは、きよしさんの実績のたまもの。漫才師として一世を風靡(ふうび)した後、参院議員を3期18年間務めたことが大きい」と演芸評論家。

 「きよしさんが選挙に出ると分かったとき、やすしさんは荒れていました。『俺を見捨てるんか』って。やすしさんは舞台に出る間際に酒を飲んで度胸づけをしたほど小心なところがありましたから」

 51歳で命を散らした、無位無官のやっさんのこともわれわれは忘れない。 (業界ウォッチャーX)

関連ニュース