記事詳細

【シネマパラダイス】もやっとした不安を抱え生きる若者をポップでファンタスチックな世界観でつづる 「ジオラマボーイ・パノラマガール」

 熱狂的なファンを多く持つ岡崎京子の同名漫画を『PARKS パークス』の瀬田なつき監督が実写化。もやっとした不安を抱えながら、今を生きる若者たちの姿を、ポップでファンタスチックな世界観でつづる。

 東京に住む平凡な高校生、渋谷ハルコ(山田杏奈)は、ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチ(鈴木仁)に一目ぼれする。一方、真面目でおとなしいケンイチは、衝動的に学校を辞め、勢いでナンパした危険な香りのする女性に夢中になっていく-。

 2人の中心は世界の出来事よりも恋。そんな恋一色でいられる懐かしい感情をたっぷり味わいたい。6日公開。上映時間1時間45分。

 【ホンネ】恋をした瞬間に世界が変化し、恋の話で友人と大盛り上がり。そうそう、恋ってこんな感じだった! と思い出すと同時に、老いも痛感。普通だからこそ、2人の恋は現実と地続きで共感しやすい。

 ★★★☆(映画評論家・安保有希子)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース