記事詳細

ミス東大「セクハラ告発」 最終候補者の間で見解食い違いも (1/3ページ)

 女子アナの「登竜門」として名高いミスキャンパス。そんな才色兼備の頂点といえる「ミス東大」が、“最有力候補”と目されていたファイナリストによるセクハラ告発で揺れている。

 近年各局のテレビ番組を席巻しているのが“東大ブランド”だ。人気クイズ番組『東大王』(TBS系)に始まり、現役東大生やOBが出演する番組が人気を集めている。中でも「ミス東大」は“別格”。元祖東大タレントの八田亜矢子やフリーキャスター・小正裕佳子らを輩出した伝統あるミスコンで、昨年TBSに入社したアナウンサー・篠原梨菜も2016年のグランプリである。

 今年も11月15日に開催予定だった「ミス東大2020」だが、事態は一転--。10月15日、一人のファイナリストによって運営組織の「セクハラ行為」が告発されたのだ。

 “史上最強美女”が涙の訴え

 声を上げたのは「エントリーNo.1」の神谷明采(あさ)さん。ミス東大では外部へのお披露目の前に、運営する東大広告研究会の面々との「お披露目会」と称した飲み会があるのだが、そこで、〈皆の前で、生々しい性的な質問を複数されるなど、不快なセクハラがありました〉と、自身のSNSで告発。セクハラ質問の具体的な内容には言及しなかったが、時折涙ぐみながら約30分間その苦境を語った。

 セクハラだけでなく運営側による“一気飲み”コールで泣き出した候補者がいたことや「有名になれるんだから我慢しろ」といった発言があったことも暴露し、運営に意見を伝えても返事が来ない点を非難。

NEWSポストセブン

関連ニュース