記事詳細

【シネマパラダイス】孤独と喪失感…現代女性の心理描写が等身大 「空に住む」

 大都会に住む独身OLの孤独と喪失感を描いた心理ドラマ。小さな出版社に勤める28歳の直実(多部未華子)は、両親の急死を受け止められず喪失感にさいなまれながら、大都会の高層マンションで黒猫と暮らしていた。ある日、同じマンションに住むスター俳優の時戸(岩田剛典)に出会い、彼との夢のような逢瀬に溺れていくが…。題名と黒猫は心理の象徴。原作は作詞家、小竹正人の同名小説。青山真治監督。23日公開、上映時間1時間58分。

 【ホンネ】 自分をさらけ出せずに、社会や他者となんとか共存している直実。一方で不倫相手の男との子供をひそかに出産しようとして明るく気丈に生きる後輩、愛子(岸井ゆきの)との対比で、彼女らが共有する孤独感が浮かび上がってくる。仕事、人生、愛のはざまで、もがく現代女性の心理描写が等身大。 ★★★(映画評論家・山形淳二)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース