記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「スタイリスト」 3つの“オンナの徒弟制ムラ社会”男にはアンタッチャブルな『村』 (1/2ページ)

 テレビの現場で、謎の「この人は怒らせちゃいけない」オーラを放っているのがスタイリストさんです。

 プロデューサーのおっさんよりスタイリストのお姉さまの方がよほど気を遣います。きっと理由はあるのでしょうが「番組で着るのは1着だと思うのになぜあんなに大量の服がいるのか?」と思うほどの洋服をスーツケースやバッグに詰め込んで若い子分に運ばせて、颯爽と肩で風切る親分スタイリストさん。

 テレビ業界で“オンナの徒弟制ムラ社会”ぽいものは3つあって、「スタイリスト」「メイク」「TK(タイムキーパー)」なのですが、中でもわれわれ男性テレビマンにはアンタッチャブルな感じがするのが「スタイリスト村」です。

 ある一定のレベル以上の出演者さんは、ほぼ必ずお気に入りの「お抱えスタイリストさん」と行動を共にしています。みなさん専属の方を連れてこられ、まあまあギャラもお高いので制作泣かせですが、まるで「唯一無二の親友」のよう。出演者の話し相手となり、出演者の機嫌とやる気を上げるも下げるも彼女たち次第だったりするので、疎(おろそ)かにはできません。当然、VIP待遇となります。

関連ニュース