記事詳細

高橋真麻爆食列伝、おやつに868kcalや「カレーは飲み物」発言 (1/2ページ)

 10月9日に初の著書『ネガティブだった私が見つけた、毎日ポジティブに過ごす秘訣』(宝島社)を発売した高橋真麻。同書では、かつてネガティブだった高橋がいかにしてポジティブになるかの思考などをまとめた。

 高橋については、「その食べっぷりもポジティブに繋がっているのでは」と語るのは、長年高橋のブログをウオッチし続けているネットニュース編集者の中川淳一郎氏。

 「とにかく食べることを楽しんでいる様がプンプンと漂ってくる。多くの芸能人ブログを見ていますが、高橋さんの食いっぷりは大したものです。元横綱・若乃花の花田虎上さんも食事を日々掲載していますが、アスリート向けの高蛋白質・低糖質の料理が並び、節制している感がある。しかし、高橋さんはラーメン焼肉、スイーツ、フルコースなど何でももってこい。その清々しい食いっぷりもブログ人気の一因です」(中川氏)

 4月30日には「じゃがりこ サラダ」「カップヌードル(醤油)」「森永の焼プリン」の3つの写真を公開。

 「ある日のおやつ。この3つで868キロカロリーだった こってりラーメン大盛りを食べられるじゃない!!と思ったけれど ラーメンを一杯食べるか、カップ麺を食べて、ぼりぼりじゃがりこを食べて、最後にプリンで〆るか…どっちも どっちの良さがありますよね…(笑)」

 このように、おやつであってもボリューミーな食事をしていた。そんな高橋だが、10月9日には30代最後の誕生日を迎え食欲に変化があったことを明かしている。

 「自分の欲…食欲、物欲が無くなっていることに驚くわけです。特に食欲に関してはゼロ次会だの、〆のラーメンをしていた頃が懐かしい…レストランでコースを食べても足りなくておかわりしたり、アラカルトで追加したりしていたのに 食べられる量が減ったのはちょっと寂しかったりもします」

NEWSポストセブン

関連ニュース