記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】のん「裁判のネタ元」でドラマ復帰が遠のいた? 『週刊文春』に賠償命令

 イケイケの『週刊文春』に今週、賠償命令の判決が出た。

 女優ののん(27)がかつての所属事務所にパワハラをされたと報じた記事で、発行元の文藝春秋が事務所側に440万円を支払うことを命じた2審判決が確定した。

 「最高裁でひっくり返るとは思えず、高裁判決通り決まるだろうなと思っていた」とスポーツ紙芸能記者に驚きはない。

 裁判のさなか、週刊誌側はネタ元がのんだったと明かしたが、「のん側のOKはもらっていますが、のんが週刊誌のネタ元になっていた、という事実だけが残ってしまった。のんにはマイナスの選択でしたね」(前出・スポーツ紙芸能記者)。

 2016年7月から芸名のんで活動し、CM出演、映画出演など順調だが、ドラマ出演がなかなかかなわない。

 「元SMAPの香取慎吾が来年1月期のテレビ東京のドラマに出演しますが、香取の民放ドラマ出演は5年ぶり。ジャニーズ事務所をきれいにやめてから約3年。のんにもいずれ民放ドラマ出演の機会が来ると思います。若いので、焦らないでほしいですね」(テレビ誌ライター)

関連ニュース