記事詳細

山口達也容疑者の酒気帯び運転、追突した相手は警視庁の警察官 私用で運転中即「酒くさッ」

 酒気帯び運転で警視庁に現行犯逮捕された元TOKIOの山口達也容疑者(48)だが、逮捕のきっかけとなった追突事故の相手が警視庁の男性警察官だったというから、「天網恢恢(てんもうかいかい)疎にして漏らさず」とはよく言ったものだ。

 山口容疑者は22日午前9時半頃、東京都練馬区の区道で、信号待ちをしていた乗用車にバイクで追突した。乗用車を運転していたのは男性警察官で、すぐに110番。男性は私用で運転中だったとはいえ、すぐ酒のにおいにも気づいたという。

 事故当時、酩酊(めいてい)に近い状態だった山口容疑者だが、調べに対し、「自宅で一晩中、酒を飲んでいた」「量は分からない」「少し寝てから出かけた」などと供述していることも明らかになった。

関連ニュース