記事詳細

東出昌大、親類宅で極秘の居候生活 共演の菅原小春も支援 (1/3ページ)

 都心の大通りに、1台の車が停車する。助手席から降りた長身の男性は、慣れた手つきでトランクから荷物を取り出す。ハンドルを握る美女に手を振ると、住宅街の一角に建つ戸建てに入っていった。

 彼は9月21日から始まった舞台『(死なない)憂国』に出演する東出昌大(32才)だ。東出を送り届けたのは、共演者の菅原小春(28才)。9月中旬のこの日は、まだ『憂国』の稽古期間中。東出は稽古場へ入るときも、菅原の車に同乗していた。

 今年1月に唐田えりか(23才)との不倫が発覚して以降、東出は激しいバッシングに晒されてきた。俳優人生が断たれかねない状況に陥ったが、10月以降に4本の出演映画が公開予定で、新たに映画や舞台出演のオファーも届いているという。復活への道を歩み始めたその裏には、多くの支援者の存在があったようだ。

 東出は今年7月に杏(34才)との離婚が成立し、2016年に夫婦で折半して購入した、約2億円の自宅の権利を杏に渡している。これまでウイークリーマンション暮らしやホテルを転々とする生活を続けていたが、近頃は決まって帰る家がある。

 「いまは東出さんのお母さんの3つ上のお兄さん、東出さんから見たら伯父さんの自宅で“居候生活”を送っているようです。伯父さんは東出さんと同じぐらいの長身の老紳士。東出さんは2011年にお父さんを亡くしていて、それ以来、伯父さんを頼りにしてきました。伯父さんが手を差し伸べたみたいで、当初は“迷惑がかかるから”と遠慮していたけど、最近、お世話になることを決めたようです」(東出の知人)

 東出は伯父を以前から頼りにしてきたようだが、いちばん頼りたかったであろう“あのとき”は、そうはいかなかった。伯父もまた、渦中に巻き込まれていたのだ。

NEWSポストセブン

関連ニュース