記事詳細

【ぼくらの90年代音楽論 30年前の「音楽」の「普通」】大谷能生×速水健朗・対談を終えて 90年代は「リヴァイヴァル」の時代だった (1/2ページ)

■大谷能生×速水健朗(1)

■大谷能生×速水健朗(2)

■大谷能生×速水健朗(3)

 速水健朗君との対談、いかがだったでしょうか。彼の名前をはじめて知ったのは、たぶん「はてなダイアリー」などで、個人ブロガーがどんどん日記や記事や情報まとめを発信しはじめた頃……記憶だとだいたい2004~08年くらいが「ブログ隆盛時代」みたいに覚えているんだけど、これももう一昔前の話になるんだなあ。

 いろいろな日記を読んでいて、なかでも彼の書いていた「犬にかぶらせろ!」(のB面)を愛読していたんですね。速水君の初の単著『タイアップの歌謡史』が2007年のリリース作なので、本ではなくネットに書いていたもので名前をすでに知っていた、はじめての同世代のライターの一人、ということになります。

 直接知り合いになったきっかけはもはや覚えていないのですが……なんか神保町でイベントのあとか何かに少人数で飲んだ記憶がおぼろげに……組んで仕事をしたのは2011~12年に開催した研究会『ジャニ研! ジャニーズ研究部』からで、初回というかゼロ回が東日本大震災の直後。SMAPの「SHAKE」を爆音でかけて黙祷してからイベントをはじめたことを覚えています。この企画は無事書籍化されて、つい先日そのアップデート版

『ジャニ研! twenty-twenty』(通称トニトニ版)

 も発売されましたので、よろしければぜひご覧ください。

 対談中ちょっとだけ出てきていますが、二人の共通点は、子供の頃にパソコン雑誌を読むことに熱中していたことですね。カットしちゃったけど、どちらもフェヴァリット・マガジンは「LOGiN」で、この雑誌はパソコンの新着情報の周辺に、最新の海外SFや映画、音楽、小説なども散りばめて紹介する、総合エンタテインメント雑誌だったのです。読み物も多数で、ギャグ/パロディのページ「ヤマログ」や読者との交流コーナーなど、毎月読むのがとても楽しみでした。

 80年代後半、パーソナル・コンピューターは西海岸発のベンチャー・ビジネス代表で、そこには70年代と90年代のサブカルチャーが暖流と寒流のように渦を巻いていたように思います。速水君の「西海岸好き」的な趣味傾向も、こうした80年代PCカルチャーから育まれたものなのかもしれません。

 話のなかで面白かった、というか考えさせられたのは、90年代はとにかく「リヴァイヴァル」の時代だった、ということですね。メイン・カルチャーがリヴァイヴァル。再演、再上演、復活、復興、再評価……といった動きが、特に90年代の真ん中あたりから、文化的に大きなうねりになってくる。音楽でも、80年代までは、半年前に流行ったシングル盤とかは、お店に行ってももう棚には並んでない訳ですよ。雑誌と同じで売れ残った前の号は返品されちゃう、みたいな。