記事詳細

【緊急リポート ポストコロナの芸能界をいく】「生」が売り物の舞台が映像配信するジレンマ 収益求めるも…熱狂的ファンはソッポ? (1/2ページ)

 コロナ禍は演劇界に大打撃を与えた。「壊滅」という言葉を使うとすれば4~8月までの演劇界に該当する。演劇界は感染拡大を避けるため、早い時期から公演の中止や延期を決めてきた。

 だが秋に向けて一部に再開のめどが立った。明治座では8月28日から一カ月、氷川きよし特別講演を開催中だ。10月には細川たかし45周年特別公演などが入り、来年1月には五木ひろし、2月には坂本冬美の35周年記念公演も組まれている。

 新橋演舞場では、9月の「舟木一夫特別公演」は中止になったが、11月には大竹しのぶ座長による「女の一生」が控えている。

 8月から公演を再開した歌舞伎座は、厳しい感染予防策を行っている。歌舞伎座の観客席は約1800だが、国のガイドラインに沿って半分以下の約820席を販売。左右前後の間隔を空けて、密を避ける工夫をしている。

 演劇の世界は、演目が決まると出演者やスタッフが2週間以上にわたり稽古を重ね、公演では俳優たちが声を張り上げる。クラスターが発生しやすい環境だ。

 ライブ配信も多く利用されているように、映像で収益を上げることも必要だ。映像を使った舞台の表現は新しい演劇様式と考えることもできる。

 だが本来の「生の舞台の魅力」が失われるのは否定できない。舞台の空気、俳優のセリフ、観客の拍手など本来の魅力が損なわれる。熱狂的舞台ファンからみれば、配信には目を背けたくなる。

関連ニュース