記事詳細

【シネマパラダイス】ジャック・ロンドンの自伝的小説を映画化 「マーティン・エデン」

 「野性の呼び声」など数々の著作が映画化されたアメリカの人気作家、ジャック・ロンドンの自伝的小説を映画化。舞台を19世紀のアメリカから20世紀のイタリア・ナポリに移し、作家になる夢をかなえた無学の青年の半生をつづる。監督はイタリアの新鋭ピエトロ・マルチェッロ。主演ルカ・マリネッリがベネチア国際映画祭で男優賞を受賞。18日公開。2時間9分。

 労働者階級の船乗りマーティンが、上流階級の娘と恋に落ち、文学の世界に目覚める。彼は作家を志すが、生活は困窮を極めていく。

 【ホンネ】粗暴な色男からシニカルで自堕落な成功者へ。お金、教養、階級、野心や偏見など、いろんなことを考えつつ、恋にはじまり貪欲にはい上がらんとするマーティンの変貌やその道程に目がくぎ付け。壮大な物語を目にした満腹感。成功後の哀愁やうつろさがやるせなく心に残る。 ★★★★(映画評論家・折田千鶴子)

★5つで満点