記事詳細

【シネマパラダイス】精神崩壊半端なし! 役者陣の振り切った演技が素晴らしい「妖怪人間ベラ」

 子供たちにトラウマを植え付けた1968年のテレビアニメ『妖怪人間ベム』のメインキャラ、ベラに焦点をあてた英勉監督による実写版リブート作。

 広告代理店勤務の新田(森崎ウィン)は『妖怪人間ベム』の特集で幻の最終回を目にし、衝撃の結末に正気を失いそうになる。ちょうどそのころ、街の高校にベラ(emma)という名の転校生がやってくる。ベラに興味を持った同級生の牧野(桜田ひより)は仲良くなろうと近付くが、徐々に精神を病み…。

 10分ごとにメンヘラうずうずの宣伝文句通り、精神崩壊半端なし! 上映時間1時間40分。11日公開。

 【ホンネ】最初こそ病んでいくさまに驚きもしたが、役者陣がここまで振り切った演技を見せたら、怖さを通り越して残るは笑いのみ。現場はさぞ楽しかったことだろう。いいものを見た。★★★★(映画評論家・安保有希子)

★5つで満点

関連ニュース