記事詳細

【シネマパラダイス】熱心なファンがストーカーに…ジョン・トラボルタの“怪演” 「ファナティック ハリウッドの狂愛者」

 ロサンゼルスの観光スポットのひとつ、ハリウッドのチャイニーズ・シアター前はいつも人が密状態だ。そこでパフォーマンスをする〈狂〉のつく映画熱愛男をめぐる物語でジョン・トラボルタが体当たりで熱演する。監督はトラボルタとは2度目のコラボになるフレッド・ダースト。上映時間88分。4日公開。

 映画オタクのムース(トラボルタ)はチャイニーズ・シアター前で警官のコスプレで日銭をかせいでいる。彼は人気俳優のハンター・ダンバー(デヴォン・サワ)のサインが欲しくてサイン会にもぐりこむが、サインを拒絶された。あきらめきれないムースは女友達(アナ・ゴーリャ)の言葉からダンパーの豪邸をつきとめ、ゲートで待っているとまたもや拒否。ついにムースは屋敷に忍び込み、ダンパーの歯ブラシで歯を磨くなど、ファンの領域を超えてしまう…。

 【ホンネ】熱心なファンがストーカーに変身する心理をトラボルタが怪演。後半の2人の対決が見もので、こういう終わり方なの?! というとんでもないことに。ストーカーはマジで怖い。(映画評論家・おかむら良)★★★☆

★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース