記事詳細

【芳野友美 再現いろはにほへと】今、再現ドラマが熱い! (1/2ページ)

 先日、仕事で共演させていただいた方との空き時間の会話で、普段はどんな(ジャンルの)お仕事が多いですか?という会話になって、私は再現ドラマが多いですっていう話をしたところ「これから演技の方も頑張っていきたくて、再現ドラマに出たいんですけど、どうしたらいいんですか?」と言われました。

 えーーーーー?!

 失礼な言い方だけど「再現ドラマに出たい」という言葉、少なくとも十数年前には聞いたことがない。

 私にとって、再現ドラマはもちろんたくさん出たいし、今や無くてはならない存在だけど、最初からそこを目指したかというとNO。周りもそんな感じで、これからという時に率先して再現ドラマに出たいという考えはかなりのレアケースでした。

 それが今となっては、なかなか競争率が高いのだとか。出たくてもオーディションに呼んでいただくことすら難しいのだとその方は言うのです。

 にわかには信じられない…。

 そう思っていたら、別の再現ドラマの現場でも子役のお母様が「デビューが再現ドラマ、しかも好きな番組なんでうれしいです!」とおっしゃっていて、前者の言葉に違和感。

 再現ドラマもうれしいけど、そりゃやっぱり正直普通のドラマの方がいいですよね?って聞いたら、「いやいや! 再現ドラマに出たかったんです」と。

関連ニュース