記事詳細

石橋貴明に再び脚光 テレビの企画がYouTubeから生まれる時代 (1/3ページ)

 とんねるずの石橋貴明が8月30日、NHKの『サンデースポーツ2020』に生出演した。石橋がNHKに出演するのは、2000年大晦日の『紅白歌合戦』以来、実に20年ぶりとなる。

 石橋は今年6月にYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設すると、2カ月あまりで120万人以上の登録者を抱える人気ぶり。同チャンネルでは、様々な企画動画の他、1週間のプロ野球の試合をマニアックに振り返る動画を毎週月曜日、コンスタントにアップしている。エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

 「石橋さんは、芸能界屈指のスポーツファンで、『MLB主義』(TBS系)や『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)など、多くのスポーツ番組も担当してきました。しかし、最近はスポーツに関する奥深い見識を披露する場が激減。そんななか、YouTubeに進出すると、専門家も舌を巻くほどの野球に対する知識を改めて発揮。実際の映像がないにもかかわらず、さすがの話術で、それまで野球に興味がなかったファンも虜になるほどでした。

 さらに、企画名として『貴ちゃんスポーツ2020』などと言っていたことも、タイトルが似ている番組をもつNHKの目にとまり、出演に至ったという形でしょう」

 有名人のYouTube進出が激増している昨今。YouTubeが“テレビ化”していると言われると同時に、YouTubeにアップされた動画をきっかけに、そのタレントがテレビ番組に出演するというケースも少なくない。

NEWSポストセブン

関連ニュース