記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】歌舞伎座も“完走” 収入以上に大きい興行を続ける意義

 今週、無事に千秋楽を迎えた東京・歌舞伎座の8月公演。松本幸四郎(47)、市川猿之助(44)、片岡愛之助(48)ら若手を中心とした座組で乗り切った。

 「5カ月ぶりに幕が開き、一時、スタッフに微熱者が出て一部の公演を中止しましたが、それ以降は何もなく無事に幕を降ろせた。松竹の徹底的な感染対策の成果です」とスポーツ紙演劇担当記者も松竹の気持ちを推し量り、こう続ける。

 「満員とはまた違った緊張感のある空間でしたが、興行収入以上に、最後まで幕を閉めないで済んだことが大きい。次の公演につながりますし、年末には京都・南座の顔見世もありますから、とにかく日々開演、日々開幕が関係者全員の願いだと思います」

 歌舞伎という伝統芸能には多くの技能を持ったスタッフも連なり、歌舞伎と一緒に技をつないで来た。それを途切れさせないためにも、興行を続ける意義は大きい。

 今週、歌舞伎の公式有料動画配信サービス「歌舞伎オンデマンド」もスタート。「八月花形歌舞伎」も来月8日まで楽しめる。

 「料金は一演目あたり3300円。高いかどうかではなく、よし歌舞伎をひいきにしてやるか、という心持ちでとらえるのがいいのでは」(前出・スポーツ紙演劇担当記者)

関連ニュース