記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】アンジャッシュ・児嶋、相方いぬ間に“お茶の間の顔” CM起用さらに増えるかも

 相方のトイレ不倫以来、何かと注目のアンジャッシュの児嶋一哉(48)。

 「ウオーターサーバーのCMが放送されて、すっかりお茶の間の顔になりつつある。騒動前に目立っていたのは渡部が出ていたソーダ水のCM。渡部の炭酸に対し、児嶋を水のCMで起用したクライアントや広告代理店はちょっとうまい戦略を取ったなと感じますね」(スポーツ紙デスク)

 CMでつかみ的に使われるのは“コジマだよ”のフレーズ。東海テレビの情報番組「スイッチ!」でも先日、地域の島を旅する『コジマだよっ!』が人気コーナーに育っているという。

 「この前、家電量販店ノジマの創業祭を伝える電車の中吊り広告に『ノジマだよっ!』ってコピーが入っていて笑ってしまいました。いずれ児嶋が出演しそうですね」(ウェブサイト記者)

 お笑い界の意外な伏兵だ。

関連ニュース