記事詳細

水卜アナ「24時間テレビ」に向けて“爆食”! 減量はまず太ることありき…今年もチャリTはパッツンパッツン? (1/2ページ)

 “食いしん坊”キャラでおなじみの日本テレビの水卜麻美アナ(33)が、夏バテ知らずの“食べっぷり”で視聴者を驚かせている。水卜アナの夏といえば、「24時間テレビ」のチャリティーTシャツのためにダイエットするのが恒例。実際に減量に励んでいたようだが、やっぱり食い気には勝てないようで…。

 11日の「スッキリ」でのこと。フレンチシェフの鳥羽周作氏にチャーハンの作り方を学ぶ企画で、水卜アナは手際の良さでパラパラチャーハンを完成させた。

 “食いしん坊”キャラが顔を出したようで「食べ終わっちゃった…」とあっという間に完食。「試食のつもりだったんですけど」と照れ笑いの水卜アナだったが、驚くのはここから。「もう1種類くらいいきたい」と鳥羽氏にリクエスト。余った食材でキムチチャーハンを作ると、こちらもペロリだったのだ。

 これには視聴者も驚いたようで、「ガッツリ食べすぎ」といった声がSNSで飛び交った。

 水卜アナにとって、夏の風物詩のようなダイエット。「24時間テレビに向けて、チャリティーTシャツのワンサイズ小さめを着るためにダイエットするのが恒例でした」とテレビ誌編集者。

 4日放送「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)でも、ダイエットが話題に上がった。番組では、朝から麻婆豆腐や豚骨ラーメンなどをがっつり食べていることをスタッフから暴露されたが、一方でコロナ禍を機に減量していることを告白したのだ。

関連ニュース