記事詳細

金曜ロードSHOW! コロナ禍で5週連続アニメ映画放送の狙い (1/3ページ)

 コロナ禍で、テレビ番組はさまざまな影響を受けているが、映画枠にもちょっとした異変が。『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)が5週連続で、アニメ映画を放送しているのだ。その狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

 7日夜、『金曜ロードSHOW!』で、アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が放送されます。

 実は一週間前の7月31日にもアニメ映画『聲の形』が放送され、さらに来週14日には『となりのトトロ』、21日には『コクリコ坂から』、28日には『借りぐらしのアリエッティ』と3週連続でジブリ映画も放送。夏休みの時期に計5週連続でアニメ映画が放送されるのですが、このラインナップにネット上には喜びや期待の声が飛び交っています。

 アニメ映画の5週連続放送は、昨年の3週連続、2年前の4週連続、3年前の2週連続と比べても多い数字。しかも今年6~7月の2か月間は8回中6回が洋画だっただけに、大きな変化を感じさせられます。

 なぜ今夏の『金曜ロードSHOW!』はここまでアニメ映画にこだわり、そのことが人々の喜びや期待につながっているのでしょうか。掘り下げていくと、単に夏休みの時期だからではなく、さまざまな背景や事情が見えてきます。

 夏の風情を感じる貴重なコンテンツ

 やはり背景として無視できないのは、新型コロナウイルスの影響。再度の感染拡大によって例年のような開放感はなく、「花火大会や夏祭りは中止」「旅行どころか里帰りもできない」「音楽フェスも甲子園もなし」など、夏を感じて楽しめるものが極端に減ってしまいました。

NEWSポストセブン

関連ニュース