記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】「ドッキリであってくれ…」三浦春馬さん悼む 小手伸也のこれから (1/2ページ)

 三浦春馬さんが亡くなったショックが消えない中、23日から映画「コンフィデンスマンJP~プリンセス編」が公開される。春馬さんは、主演の長澤まさみ(33)と恋仲だった恋愛詐欺師、ジェシーという人気の役どころ。脚本を手掛ける古沢良太氏は、当初考えたイメージよりも何倍も魅力的なキャラに化けたと称賛してる。

 亡くなった18日には、公開記念のYouTube番組「27時間ぐらいテレビ」が配信予定だったが、中止となった。メーンMCが決まっていたのは、映画でユニークな三枚目キャラの五十嵐を演じ、最近活躍が著しい小手伸也(46)。

 共演者たちの衝撃は筆舌に尽くしがたいものだろう。とくに小手のツイッターには、春馬さんへの思いがあふれていた。

 「ドッキリであってくれ、不謹慎だと怒らせてくれ、LINEしたら返事くれ、サプライズでゲストに来てくれ、普通に笑って映画見せてくれ、何か出来ること無かったかとか思わせないでくれ、またみんなと僕を弄って、それでも優しい仲間でいて、こんな形でいなくならないでくれよ」

 ドラマの収録終わりまで周囲が黙っていてくれたそうで、取り乱したことを詫びた上で、改めてこう綴っている。

 「皆様、どうか、何があったのかを知りたい気持ちは僕らも同じです、それでも、どうか、故人の周りや関係者の方々には、冷静な距離感をもって接して頂けることを、切に、切に願っております。僕にはそれくらいのことしか言えませんが、何卒、宜しくお願い申し上げます。」