記事詳細

三浦春馬、演技の道に導いてくれた母に大きな親孝行していた (1/2ページ)

 三浦春馬さん(享年30)の訃報は、芸能界だけでなく日本中に衝撃を与えた。過去に共演した役者からも、悲しみの声が続々とあがっている。三浦さんの連続ドラマ初主演作となった、2008年『ブラッディ・マンデイ』で共演した女優の吉瀬美智子(45)は、自身のインスタグラムで「言葉になりません 只々、胸が締め付けられる思いです」「信じたくありません」「私にとって弟の様な存在で、頭が良くて器用で本当に素晴らしい役者でした」と綴った。

 茨城県出身の三浦さんが演技に触れたのは4歳の頃。地元のタレント養成所に所属し、俳優業をスタートさせた。

 「母子家庭で一人っ子ということもあり、早く友達ができるようにと、お母さんが習い事として通わせたようです。すぐに頭角を表し、7歳でNHKの連続テレビ小説『あぐり』に出演するなど、天才子役と言われるまでに成長しました。高校進学を機に本気で演技の道に進むことを決意し、親元を離れ東京で暮らし始めたのです」(養成所関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース