記事詳細

【中本裕己 エンタなう】ビッチな鬼母がふと見せる本能 長澤まさみの本気の演技 映画「MOTHER マザー」

 「コンフィデンスマンSP プリンセス編」(17日公開)で、ぶっとんだ信用詐欺師を演じ、コメディエンヌぶりを発揮する長澤まさみ。そんな彼女が、もうひとつのダークな面を強烈に見せつけるのが「MOTHER マザー」(公開中)だ。鬼の形相で児童虐待するビッチな女が、一瞬だけ本能的に見せる母親の表情があまりに切ない。いま一番見ておきたい女優のひとりである。

 「少年による祖父母殺害事件」に着想を得た本作は、「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣監督が、現代社会の病巣に深く切り込んだ。

 働く気がまったくなく、生活保護担当の福祉職員まで手玉にとり、行きずりの男と体を合わせてきたシングルマザーの秋子(長澤)。幼い息子の周平を電気、ガスが止められるほど置き去りにして、ゲームセンターで出会った男(阿部サダヲ)と遊びに出たきり帰らない。金が尽きると、実家の母(木野花)への無心を繰り返し、親子の縁を切られると、周平に取りに行かせる鬼母ぶり。

 恐ろしいのは、むしろ怒鳴り散らした後に、眼の奥にうっすらと宿る母親らしい光で、ここが長澤の女優魂が宿る場面でもある。「自分が舐めるようにして育ててきた子だよ」と、しれっと言い放つ場面もある。

 そして、母の呪縛が解けないまま成長した17歳の周平を演じた新人俳優、奥平大兼が物語の進行とともに人として成長してゆく姿も見逃せない。救いのない結末だが骨太の力作である。(中本裕己)

関連ニュース