記事詳細

子役出身で一番成功した芸能人ランキング (2/2ページ)

 

2位は「安達祐実」!

 幼い頃から子役として活躍を続けてきた安達祐実。1994年に放送されたテレビドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で主演を務め大ブレイク。作中のせりふ「同情するならカネをくれ」は、同年の新語・流行語大賞の年間大賞にも選ばれました。『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』や『機関車先生』では声優にも挑戦し、女優として着実にステップアップしてきました。2014年に公開された主演映画『花宵道中』では初の花魁役を演じ、その妖艶さやしっとりとした色気が話題に。38歳になった現在もかわいらしい雰囲気はそのままに大人の魅力が加わり「奇跡のアラフォー」と称され、たびたび話題になっています。

 

3位は「長澤まさみ」!

 多くの女優を輩出している「東宝シンデレラ」オーディションで当時史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ芸能界デビューした長澤まさみ。すらりとした体形に12歳とは思えない美しい顔立ちに驚いた人も多かったのではないでしょうか。2004年に公開された映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロイン役で大ブレイクしたのを皮切りに、多くのヒット作に出演。若手人気女優の仲間入りを果たしました。若々しく健康的なイメージが強かった彼女ですが、もうすっかり大人になり、スレンダーな美脚や豊満なバストなど、魅力的なボディーラインも注目されています。2019年公開の映画『キングダム』では山界の王・楊端和を演じ、その力強い美しさに釘付けになった人も多かったようです。

 このように、成長するにつれ演技に磨きがかかり活躍の幅を広げる元子役が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

 みなさんは、子役出身の芸能人の中で、誰が一番成功したと思いますか?

 写真:タレントデータバンク

 (安達 祐実|1981/9/14生まれ|女性|A型|東京都出身)

 (長澤 まさみ|1987/6/3生まれ|女性|A型|静岡県出身)

 (神木 隆之介|1993/5/19生まれ|男性|埼玉県出身)

 調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

 有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)

 調査期間:2020年5月25日~2020年5月25日

gooランキング

関連ニュース