記事詳細

「24時間テレビ」放送中止危機! 日本テレビ幹部がコロナ感染、感染者数増加で予断許さず (1/2ページ)

 コロナ禍のなか、8月22~23日に放送されることになった日本テレビ系「24時間テレビ」。しかし局幹部に感染が発覚したことで、緊急事態に陥っている。ここに来て、局内では、急転直下の放送中止も危惧されているというのだから、ただごとではない。

 東京・両国国技館から無観客で生放送される今年の「24時間テレビ」。メインパーソナリティーは、「V6」の井ノ原快彦、「NEWS」の増田貴久、「Kis-My-Ft2」の北山宏光、「ジャニーズWEST」の重岡大毅、「King & Prince」の岸優太の5人と寄せ集め感は否めない。

 さらに名物企画の「チャリティーマラソン」は中止。会場に観客を入れないため、対面募金も行われず、キャッシュレス募金を活用するという。

 同局はドラマの撮影現場でも「民放で最も厳しい対策を立てている」といわれるほど、この24時間テレビに向けて対策を講じてきた。

 だが、フジテレビが「FNS27時間テレビ」を、TBSが「オールスター感謝祭2020春」を中止する中で、ネット上でも「無理して24時間も番組をやる必要があるのか」「今年感染者や医療機関などに出演者の出演料などを寄付したり、支援したりするほうが良いのでは」など疑問を呈する声も目立つ。

 同局の関係者は声を潜める。

関連ニュース