記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】木下優樹菜さん「ブチ切れ引退」と「3人の男」 (1/2ページ)

 「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」

 活動再開からわずか5日、前代未聞の木下優樹菜さん(32)の引退劇。言うに言えない真相をほのめかすひっかかりがあったのは、所属事務所の冒頭コメントである。

 「7月からの活動再開は木下本人の強い申し出があったからで、事務所はタピオカ騒動が解決していないことを挙げ、復帰しても世間の猛批判を浴びるし、仕事のオファーもないと、思いとどまるよう説得しました。しかし彼女は頑として耳を傾けず、7歳と4歳の娘を育てるため私が働かなくてはならないとヒステリックな物言いで押し通したのです」(事務所関係者)

 そもそも活動自粛は、彼女が引き起こしたタピオカ騒動が原因。相手方の店主に『事務所総出でやりますね』という恫喝(どうかつ)メッセージを送り、世間を幻滅させた。

 木下さんの強い主張に折れる形で事務所は復帰を発表したが、案の定、非難の嵐が。

 「昨年大みそかに離婚した藤本敏史(49)は木下さんと同じマンションの別の部屋に住んで、子供たちの送り迎えや食事を作るなど献身的に面倒をみています。彼はすごく家族思いで、愛情深い。また別れても木下さんが困らないよう、生活費を支払っています。今回の復帰、そして批判を受けて藤本さんは『子供たちを最優先に考えてほしい。それができなければ引退してもいいんじゃないか』とアドバイスしたそうです」(藤本を知る芸能関係者)

関連ニュース