記事詳細

24時間テレビで浮かんだ…嵐、深刻な“お家事情” 休止前に分裂も!? (1/2ページ)

 8月22、23の両日にわたって無観客で開催されることになった日本テレビ系「24時間テレビ」。メインパーソナリティーにはV6の井ノ原快彦(44)らジャニーズの人気グループから5人が顔をそろえた。しかし、今年いっぱいで活動休止に入ることから、今年の24時間テレビの“顔”になるとみられていた嵐の名前はない。どうやら今の嵐には深刻な事態が吹き荒れているようだ。

 「今年のメインパーソナリティーは、井ノ原をキャプテンに、NEWSの増田貴久(34)、Kis-My-Ft2の北山宏光(34)、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)、King&Princeの岸優太(24)と派手に見えますが、小ぶりな印象は拭えません」とテレビ誌編集者。

 「開催自体がなかなか発表になりませんでしたから、メインパーソナリティーの選考も難航したようです。結局、嵐はパーソナリティーから外れました。しかし、コロナ禍がなければ、今年は嵐で決まりだったはずです」と続ける。

 今年いっぱいで活動を休止する嵐。「24時間テレビ」も嵐のラストイヤーを飾るひとつになるはずだった。しかし、コロナ禍で状況は一変する。

 「嵐は、NHKの東京五輪中継のスペシャル・ナビゲーターですが開催延期でその後のことが見えてきません。国立競技場のコンサートも流れてしまいました。思うような活動ができないなかで、メンバーの間でも意見の相違が大きくなってきたんです」と週刊誌記者。

関連ニュース