記事詳細

アニメ史上最強の「親子キャラ」ランキング! (1/2ページ)

 「血は争えない」ということばがありますが、漫画やアニメの世界も例に漏れず、高い戦闘能力を持つ強い親から生まれた子どもは、自分も強くなりたいと鍛錬に励んだり、親に稽古をつけてもらったりして、やがて同じような強さを受け継いでいくことが多いようです。そこで今回は、アニメ史上最も強いと思う親子キャラについてアンケート、ランキングにしてみました。

 1位 孫悟空と孫悟飯

 2位 ベジータとトランクス

 3位 範馬勇次郎と範馬刃牙

 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

■1位は「孫悟空と孫悟飯」!

 物語開始当初は子どもだった『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空ですが、修行を積み重ね見違えるほどに成長すると、第23回天下一武道会で対戦した幼なじみのチチと結婚。2人の間に生まれた最初の子が孫悟飯です。『ドラゴンボール』最終話の5年後からを描いた続編アニメ『ドラゴンボールZ』1話より登場します。

 4歳にしてすでに悟空より高い戦闘能力を持っており(怒りが絶頂になった時のみに発揮)、それを見込んだ悟空のライバル・ピッコロから厳しい訓練を受けたことで、幼いながら大人に匹敵するほどの強さを手に入れました。その後も親子ともども修行を重ね、そろって「伝説の超サイヤ人」に変身できるまでに至った、まさに最強の親子といえるでしょう。

■2位は「ベジータとトランクス」!

 2位には同じく『ドラゴンボールZ』からベジータとトランクスの親子がランク・イン。人類を絶滅させ地球を奪う目的でやってきた戦闘民族・サイヤ人のベジータは、地球で孫悟空たちと死闘を繰り広げ、たくさんの命を奪い撤退しますが、ナメック星で悟空たちと再会した際には、共通の目的を達成するため行動を共にすることに。その後、ベジータは地球で暮らすことになり、本作のヒロインであるブルマとの間にトランクスが生まれました。

 トランクスの初登場はトランクスが生まれる2年前。20年後の世界から母・ブルマが作ったタイムマシンに乗って現れ、ちょうど地球に戻ってきた孫悟空にその先に起きる不幸について伝えました。青年になっていたトランクスは、悟空と同じように超サイヤ人に変身することができ、その強さは地球を襲撃に来たフリーザ一味を一人で簡単に始末するほど。父であるベジータも修行を重ねて後に超サイヤ人になり、悟空・悟飯と同様に「伝説の超サイヤ人」親子となりました。

gooランキング

関連ニュース