記事詳細

アクションもダンスシーンも「たっぷり」! コロナの鬱積蹴散らしてくれるインド映画「WAR ウォー!!」 (1/2ページ)

 2019年にインド国内の興行収入第1位を獲得した作品「WAR ウォー!!」が17日公開される。インドのイケメンスター、リティク・ローシャン(46)とタイガー・シュロフ(30)の共演作で、女性陣の影が薄く、2人のアクションと汗が炸裂(さくれつ)する。

 国際的なイスラム教過激派テロリストを追うRAW(インドの対外諜報機関)が舞台だが、そのスケール感は、そこまで広げなくても…と突っ込みたくなるほどワイド&ディープ。組織ナンバーワンの腕利きスパイのカビー(リティク)が味方の高官を射殺したことから逃亡と追跡が始まる。追うのは若手スパイのハーリド(タイガー)だ。

 舞台はインドからモロッコのマラケシュ、ポルトガルの山岳地帯、北極圏へと広がる。イタリアやオーストラリアなどを含め7カ国15の国際都市で撮影されたという。

 スパイの追跡劇はアクションと裏切りと謎に満ちているが、少しでも油断すると謎がクエスチョンマークのかなたに霧散しそうになるから気が抜けない。誰が味方で誰が敵か、チェスの強い駒のように極力な権限を持って悪を牛耳るのは誰か。シーンが進むにつれ脳細胞も汗をかいてくる。

 作品は陸海空を自在に使い切る。空中も水中も地上でもアクションシーンを撮るために、世界中から4人のトップ・アクション監督が召集されたという。技術面を想像するだけでも興味が尽きない。

関連ニュース