記事詳細

【宝田もなみ バイブスあがってる?】初めまして、宝田もなみです! 美大在学中にセクシー女優としてデビューし… (1/2ページ)

 はじめまして。今月からzakzakさんでコラムを書かせて頂くことになりました、宝田もなみです。文章を書きたいな~とたまに発言していたら急にコラムを書くことになって少しびびっていますが、今回は初回ということで軽く自己紹介していきたいと思います。

 皆さんご存知、かどうかはわかりませんが、私の本業はAV女優です。2018年3月にデビューしました。今まで何本の作品に出たのか正確には把握していませんが、一体どれくらい撮影したんだろう?と某アダルトサイトで自分を検索したところ「262タイトル」とありました(2020年7月現在)。

 なるほど、1年あたり100本以上出ていたとは...。我ながら働きすぎ?じゃないかと思いますが、今でもこの仕事を続けられているのは紛れもなくAVを購入してくれている方々のお陰なので、買ってくださる方には日々感謝しかありません。気になった方はぜひ一度ネットやお店で探してみてください。私の売りはIカップのおっぱいなので残念ながら貧乳好きの人にはコミットできませんが、あらゆるジャンルの作品に出ているのでかなり幅広い性癖に対応していると思います。

 さて、このコラムですが実はAVのことを書いていくコラムではありません。もちろん私はAV女優なのでそういった内容が自然と含まれてしまうかもしれませんが、このコラムではそれよりもアートや文化に焦点を当てていきたいと思っています。

 というのも、私はAV女優になる前は美術大学の学生でした。正確に言えば在学中に仕事を始めたので当初は美大生AV女優だったわけです。私はかねてよりギャルに憧れていたのでサブカル女子だとバレるのが嫌でこの事実はしばらく隠していたのですが、やっぱりアートが好きだし私の青春はEXILEじゃなくてブルーハーツだし、みたいなのが隠しきれないので今はオープンにして活動しています。