記事詳細

【YFM 夕刊フジMusic】PANTA「根底にあるのは志」 頭脳警察の半世紀をひも解くドキュメンタリー映画『zk/頭脳警察50未来への鼓動』18日公開

 頭脳警察の半世紀をひも解くドキュメンタリー映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』が、新宿・K’Sシネマで18日に公開される。PANTAとともに50年間を駆け抜けてきたTOSHI、現メンバーたちが、zkの今を語る。

 「昔は2人とも怒りっぽかったかな。時代が時代だったし。映画を観ると酔っ払いのオヤジみたいで恥ずかしい(笑)。つくづくPANTAに甘えてきたとわかってしまうな。PANTAの手のひらで踊らされているような、それが頭脳警察なんだね」とTOSHI。

 「まったく何をいってんだか」と笑うPANTAに、「そりゃあこれだけ長く付き合ってりゃ、もう会いたくねえやと思うこともあるし、実際に会わなくなったこともある。でも会うとまた20歳のころに戻ってしまうんだ」とTOSHI。映画のワンシーン、ワンシーンからも、その強固な結び付きが伝わってくる。

 昨年はライブ三昧。レジェンド2人を支えてきたのは、かけ離れた世代の4人だ。まさか、加入していきなり映画に出演するとは思わなかった。

 「ひとつのバンドのドキュメンタリーでこれほど面白いものはない。音楽同様にテンポが良く、次にどのシーンが出てくるかという演奏者ならではの楽しさもあった。そしてやはり頭脳警察はリアル」(澤竜次、G)。

 「2人の姿勢が僕には一番ササッた。過去に戻って自分をもう1回やることはしない。ずうっとON。常に前に進んでいるから、ずっと見ていられる」(宮田岳、B)。

 「すべて筋道が通っていて、常に最新であることが普通なのがすごい。70歳でもこれから。現在(いま)があることが、映画を観れば分かる」(樋口素之助、Ds)

 「ミュージシャンになりたい人、音楽ではなくても何かを始めようという人には、ぜひ観てもらいたい。頭脳警察がやってきたことに感銘を受けてもらえると思う」(おおくぼけい、Key)。

 なぜこれほどまでにzkがブレなかったか。PANTAは言う。「根底にあるのは志(こころざし)。おのおのが持っている、何かをやり遂げようという未来への志なんだ」。「PANTAの信念なんだよ。なっ、オトーチャン(笑)」とTOSHI。思いが伝わる映画は必見だ。

関連ニュース