記事詳細

失って気付く日常の美しさ… アニメ「日本沈没2020」

 故・小松左京さんの代表作をアニメ化した米配信大手ネットフリックスの「日本沈没2020」(9日、全10話を配信)。プロデューサーのチェ・ウニョンさんは「失って初めて気付く日常の美しさを描いた。(コロナ禍の影響で)生活が一変した今にぴったりな作品だと思う」と話す。

 原作は1973年に出版。地殻変動で日本列島が海中に沈むという衝撃的な内容が話題を呼び、映画やドラマにもなった。今作は舞台を2020年に移し、アニメ「映像研には手を出すな!」(NHK総合)などを手掛けた湯浅政明さんが監督を務めた。

 主人公は原作に登場する科学者や政治家ではなく、東京に住む女子中学生の歩とその家族だ。次々に襲い来る災害の中で、必死に生き抜こうとする姿が描かれる。