記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】アンジャッシュ児嶋が渡部を抜いた日 YouTubeチャンネル4日間で7万超! (1/2ページ)

 アンジャッシュ・児嶋一哉(47)の快進撃が続いている。相方の渡部建(47)は不倫報道によって、芸能活動を無期限で自粛中。その穴を埋めるべく、今月4日の生放送「王様のブランチ」にも代役で登場した。レギュラー枠のオリエンタルラジオ・藤森慎吾(37)に、センターの座は奪われているものの、与えられたポジションをしっかり見極め、サポートMCとして立ちち回る姿は、視聴者を不快にさせない細心の注意をはらったもので、とても良かった。

 そんな中、児嶋は3日にYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」を開設してユーチューバー・デビュー。わずか3日間でチャンネル登録者数5万人を突破、6日夜には、ついに渡部の7・07万人を追い抜いて、7日現在で8万人以上の登録者を獲得している。

 渡部チャンネルは半年前に開設され、「今一番女性に喜ばれる差し入れ」「吉野家の裏技」といった持ち前のネタで順調に人気を獲得してきたが、不倫騒動以来、更新されていない。

 一方、児嶋のチャンネルは、「児嶋です。あの件について話します。。」と題し、10分間以上にわたり近況を独り語り。コロナ自粛の間に、筋トレなどで1~2キロやせ、自分なりに「シュッとした」と思っていた。ところが、渡部の件で、「やつれちゃって」と同情されることに怒りを露わにするなど、しっかり自虐ネタで笑いもとっている。

関連ニュース