記事詳細

東京・歌舞伎座8月いよいよ再開! 若年層取り込みの“秘策”とは… 出演者も勘九郎、七之助ら中心の演目に (1/2ページ)

 3月からコロナ禍で休演が続いていた東京・歌舞伎座が8月1日にようやく再開することになった。寄席や舞台はいち早く再開にこぎつけたが、歌舞伎界は演者も観客も比較的高齢者が多く、より安全な対策を講じるのに時間を要したようだ。

 コロナ対策として松竹は、専門家の意見を聞き、出演者、スタッフに抗体検査を実施するなど防止策を徹底し、演目も1時間以下の短いものでこれまでにない4部構成に変更した。

 座席数も普段の1808席から823席と半分以下に減らすことに。1階と2階の東西の桟敷席は開けず、一幕見の4階席もなし。さらにはおなじみの歌舞伎ファンによる“大向こう”も禁止するとしている。

 劇場の案内スタッフは毎日検温をし、マスク、フェースシールド、手袋を使用。場内売店は一部営業とし、そこでは日ごろ人気の歌舞伎グッズだけでなく、マスクも販売する。

 8月の歌舞伎座興行といえば、例年3部制で若手俳優が中心の興行で、料金が通常よりリーズナブルなこともあり観客も若い層が多い。4部構成の「八月花形歌舞伎」は1等席8000円に設定されている。

 出演者も例年の8月の歌舞伎座と同じ若手中心になっており、ざっとみる限り、後期高齢者はキャストにいない。

 2部の「棒しばり」には中村勘九郎、3部の「吉野山」には中村七之助が出演。その「吉野山」では7月19日から「半沢直樹」に出演する市川猿之助が狐を踊る。

関連ニュース