記事詳細

木下優樹菜さんが芸能界引退 所属事務所「信頼維持が困難」

 実姉が働いていたタピオカドリンク店とのトラブルで芸能活動を自粛し、今月1日に活動再開を発表したタレントの木下優樹菜さん(32)の所属事務所は6日、木下さんが芸能界を引退すると公式ホームページで発表した。

 ホームページでは、「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けた」としている。所属事務所は専属マネジメント契約を解除し、木下さんが芸能界を引退することになったという。所属事務所は「このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております」とも記した。

 木下さんは昨年、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、恫喝(どうかつ)とも受け取れるようなダイレクトメッセージを送っていたなどとして、ネット上などで批判を受け、同11月から芸能活動を自粛していた。

 今月1日に所属事務所のホームページで、「この度は社会人として芸能人として私自身の自覚や配慮が足りず、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。また、不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした」などと改めて謝罪し、活動再開を発表したばかりだった。(産経新聞)