記事詳細

薬剤師役の石原さとみ 唇がマスクで隠れスタッフ残念がる (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止していた民放の連続ドラマ撮影が、再開されつつある。感染抑制のための「新撮影ルール」には、役者もスタッフもてんやわんやとなっている。フジテレビでは、「医療ドラマ」が大きな影響を受けた。

 石原さとみが病院薬剤師役に挑戦した『アンサング・シンデレラ』では、撮影場所に苦労したとフジテレビ関係者が明かす。

 「当初ロケ先に予定していた病院が、感染予防の観点で使用できなくなってしまったんです。

 いまはお台場の「湾岸スタジオ」にセットを突貫で組んで、可能な限りそこで撮影をしていますが、スタジオにも厳しいルールが設けられていて、出演者もスタッフも戸惑ってばかりです」(フジテレビ関係者)

 ◆給湯室では「歯磨き禁止」

 湾岸スタジオの撮影マニュアルには、こんなルールが定められていた。

 〈収録開始前日に医師より感染予防の指導を仰ぐ〉

 〈スタジオ入館時に検温を受ける〉

 〈昼休憩、夕休憩後は再度検温と消毒を受ける〉

 〈給湯室での手洗いうがい、歯磨き禁止〉

 〈スタジオ前室での紙コップでのお茶、コーヒーなどの準備は休止〉

 〈ドライ(※編集部注:カメラ無しで行なわれるリハーサル)、テストはフェイスシールドを着用〉

 別のフジテレビ関係者が語る。

NEWSポストセブン

関連ニュース